孤独.jpg

夕姫 瑠璃(ゆうき るり)

貴族/夕姫家​

人種:アライブ

7/1生まれ 24歳(推定)

170cm/56kg AB型

好物:鱈、肉じゃが

苦手:男臭いもの、恋歌に危害を加えるもの

 

胎児の状態で死亡し、蘇った産まれながらのゾンビ。生まれつき中世的な見た目と瑠璃色の珍しい瞳から高値で闇市(人身売買)に並べられた。
幼少期は盗賊の元で犯罪の片棒を担いで生活を送るが、夕姫家の先代当主に腕を買われて夕姫一族の養子となった。
以降暗殺や死体処理など血生臭い仕事ばかり命じられる生活を送る。
愛情を知らずに育った彼はある日、偶然にも九条恋歌と出会う。そこで初めて人と触れ合い、彼女の優しさに一目惚れをする。

名前が無い彼は「瞳が瑠璃色で綺麗」と恋歌に褒められたのを気に入り、瑠璃と名乗る事にした。

能力:パラダイス

噛み付いた相手の血管から唾液を流し込み、脳へ辿り着いた瞬間に錯乱と幻覚、幻聴を起こす。

症状は対象によって異なるが一時的に戦闘不能に陥る。(トワイライトのみ能力が効かなかった。)
幸せを見たい、愛されたい一心から得た力。

人物像: 面倒見が良い、お調子者

恋歌以外には殆ど心を開かず、無関心。
育ての親である夕姫の当主がトワイライトに殺された際も特に悲しみの感情は露わにしなかった。
淡々とした態度をいつもとっているが、トワイライトが恋歌をると知った際には激昂した。

恋歌に対しては一転し、柔らかな口調で彼女を慕う。
男嫌いなのを察知して普段から髪を伸ばして女物の服を着ている。

恋歌からは気付かれているだろうと思いつつも彼女の為に女装を続けている(最早趣味になってる?)
一人称は僕。
人の感情や表情に敏感で人との付き合いを嫌う。